スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジオラマ用フィギュアその2

明日はカルチャーの日なので頑張って進めました

顔はまだ仮です
右腕が成形途中で肘から折れましたw
くっつけて使うか、作り直すかは後で考えます


早く顔を決めた方がいいんだよなー
ゴール地点が見えるというか
一気に完成に近づく感じになる

前回適当だった背中を作りこみました

腕を仮止めするのと同時に肩甲骨あたりを意識しました
急に人らしくなるね
右腕が無いのが悲しいけどw
裸に近いイメージで作って
最後にジャージのシワを作るつもり
明日先生に指導をお願いしましょう

ベースの人体ができたら
次は自転車に乗るポーズを作っていく
その時に自転車が無いと話にならないので
同時進行でまたプラ板で自転車を作ってます
プラ板から自転車を作ってる人なんているのかなw
すごく大変です
タイヤは3枚のプラ板(0.3mmと0.5mm)貼り合わせ
ホイールは7枚を重ね合わせてヤスリかけて作ってます
2回目なのでかなりテンポよくできてる!
でもやっぱり大変だわ
フィギュアの方が楽

早く先に進みたくて明日のスクールが楽しみだー

そして今日は幼馴染の妊婦がカニを食いたいと言うので
上野のカニ道楽で豪勢なカニコース食べてきましたよ
上野公園軽く歩いて夕方までコーヒーとケーキで喋って解散
旦那さんがヨーロッパの外人さんなので
マジで腹がでかい
生まれるまであと2ヶ月もあるのに臨月か?ってレベル
よく双子ですか?って聞かれるらしいw
来月にはもう電車で外出無理になるかもしれないらしい
ヨーロッパの遺伝子すごいなぁ
とにかく無事に産んでおくれよ

スポンサーサイト

ジオラマ用人物フィギュア

まず手始めに選手の基本となる個体を作ります
これをベースに少しずつポーズ変えたり
衣装変えたりして量産していく予定


まずは平たくのばしたスカルピーに
1/35に縮小した選手のコピーを切り取ったモノを貼り付けます
そのフチを形どって盛ったり削ったりして半身を作りこみます
芯などは使いません


こんな感じです
小さくてもイライラしないで頑張りますよ
焼くのはギリギリまで我慢です
すごく焼きたくなるけどね


限界まで作り込んだらいよいよ焼きます
腕は多分切り離すことになると思うけど
最初から作っておいた方が良いと言われたので
大まかに作ります


前回型取りした時に余ったシリコンを
取っておいたのでそれを台にしてます

余白のスカルピーもったいないのでギリギリまでカットして焼きます

100度で25分くらいかな
熱いうちは柔らかいのでカッターでサクサクと切れます
余計な部分は柔らかいうちに切ってしまいます
冷めると完全に固まるので
今度は彫刻のように背面を成形していきます

やっぱり腕があると背中無理ですねw
なので胴体と腕を切り離します

オーブンで5分くらい温めて柔らかくなったら
カッターでサクッと切ります

腕はまだ仮のものです
スカルピーでなんとなく仮止めしてみました
まあまあ良いんじゃないでしょうか?
多分顔もこの後切り離して作り込むかな

肩幅大きめに見えるのは仮止めのスカルピーのせいだと思いたい
サイズはなるべくちゃんと合わせたいので
もう少し細かい修正が必要ですね

だいたい2時間くらい作業しました
もっと作業時間短くしたいなー
こればっかりは練習して数こなしていくしかないなー
まだ立ってるだけのフィギュアですから
これから作るのは自転車こいでるやつですから
先は長いぜー

ジオラマ

ちょっと前に横浜までジオラマの展示会を見に行きました
「ろうがんず」という
プラモデルとか模型を広める会の展示会です
石坂浩二さんが主催で、
フィギュアの先生がメンバーに入ってるのです

カルチャーで一緒の女の子となんとなく時間合わせて行きました
目玉は黒船の大きなジオラマ!!

奥に見えるのが黒船です!
スターウォーズ好きの先生の遊びが隠れてます


その場で人物フィギュアに色をつけて、
ジオラマの好きな場所に設置できます
そりゃやるでしょ!
子供がひと通り終わったら大人の時間です
かなり本気ですよ
人形は色々な種類があって好きなのを選べる
私は飛脚の人形を選択
それを無理矢理ロードの選手にしましたw

かなり端っこに設置してもらいました
自転車好きの人が誰が気がつくかなー


会場には石坂浩二さんもいた
色が黒かったw

たくさんのジオラマ見て特に先生の作品見て
やっぱりフィギュア単体じゃダメだと
ジオラマにして初めてフィギュアの表情とかポーズが生きるなぁ
と言う結論に達しました!
そして私は小さい奴を作りたいと!
理想のスケールは1/35くらいですね
ミリタリーシリーズで使われてるスケールなので
使えそうなパーツも揃ってるし
これからはスケールにこだわって作っていこうと決めた!
そしてジオラマつくる!

ロードレースのジオラマじゃ!
今まで漠然と教室通って楽しく作ってただけだったけど、
明確な目標がやっと立ちました!
そして先生に次のろうがんず杯出そうよと提案が!
おお!締め切りまで発生!
そしてそして夏のワンフェスを目指します!

とりあえずは今週末のワンフェス行ってきます!
池袋のアニメイト行ったらカタログ売り切れててガッカリ
しかーし!先生が余ってるディーラーパスくれた!
並ばずに入れるぜー!
別にフィギュアを買うのが目的ではなく視察みたいなものなので
行列に並ばないので気楽です
一般ディーラーの作品沢山見てきます!
目標がしっかりしたので益々楽しくなってきたぜーー!

完成度の高いものを見るのは刺激になるねー
今回の展示会ですごくそれを感じました
わさびのフィギュアも1/35で作るぜ

ついでに自分もw

アトリエ作り1

使っていない部屋を改造して
アトリエっぽいものを作っています
風呂なしトイレ共同のワンルームで
5部屋中もともと住んでいるのは1人だけ
そこの一部屋に弟が寝泊まりしてて残りは空室
もったい無いので私も使いますよ

今住んでるマンションと建物は同じだけど
入り口は別で変な構造
古いマンションで、昔は従業員が住んでた部屋です
駅から近いから風呂なしで2万で住む人いそうだけどねw

とりあえず最初にやった事は壁の塗り替え
これはただ壁を塗ってみたかっただけかもw
あれ楽しそうじゃんー

昨日は部屋の大掃除で断捨離しまくりました
12時間くらいかかったので
中腰の姿勢が長すぎて、
腰と太ももの裏がものすごく筋肉痛
おかげでかなり物は減ったけどまだまだゴチャゴチャしてます

棚は全て道具とか画材とかでいっぱい
どんだけあるんでしょうかw
これでもロードバイク関連はアトリエに移動したので
工具がかなり減りました
本棚に本が全く入りきりませんw


整理ができてません!
12時間かけてこのレベルですから
そりゃ筋肉痛はとんでもなく酷いですよw


この自転車しかない何にもない部屋でまずは
マスキングをします
塗料は道具付セットを買ったので全部揃ってる
下の方やるの大変
なぜならしゃがむだけで太ももが痛いからww

マスキング終わったところで近くに住む友人が様子を見に来た
やらせてーと言うので下の方中心にやってもらったよ

マジ助かるから!
結局彼女が届かないところ以外は塗ってもらった
楽しそうにやってたし、WinWinの関係だね!

残りの上の方を塗って、
乾いてきたところのムラを2度塗りして終了
なかなか綺麗な色で気に入りました!


部屋の電球が切れててちょっと暗いですけどね
昼間しか作業できませんよw
ちっとだけ遊んだところもあります

上の棚は扉作るので見えなくなるから塗りませんでした
筋肉痛と戦いながら無事に明るいうちに終了!

あとは買ってあるシェルフを2つ組立てて、
サイズ出して作業台にする板を調達すれば
大きな作業台ができるはず!
電動ドリルも買ってあるから組立は楽でしょう

換気扇に直接連結するエアブラシの塗装ブース作って
塗料並べる棚を簡単に作って
あとは部屋の環境を整えていけば完成かな?
あまりお金をかけずになるべく手作りでDIYしていこう!
楽しいなぁ!

筋肉痛の痛みを堪えながら
あちこち買い出し行って
カオマンガイとかココナッツミルクの海鮮炒めとかの下準備
今年もあと1日!
シェルフ作りまで行けるかなぁ?

喪中のため新年のご挨拶できません
今年もくだらないブログですがお付き合いありがとうございました
来年もますますくだらない事ダラダラ書きますが
よろしくお願いいたします


原形→複製

まずはスカルピーで原形作り
簡単なキャラクターなので芯も何もいりません
もともとアバウトなタッチのキャラなので
ヤスリがけなどあまりせず、指で慣らした程度にしました

写真が無いのでイマイチわかりにくいですが、
紙コップを底から1センチくらいの高さでカット
原形をアロンアルファで固定
シリコンを筆で気泡ができないように丁寧に
薄~く塗り込む
この作業の為に紙コップをカットしてます
気泡が無いのを確認してカットした紙コップを
もう一つ用意した紙コップに入れて合体!
後は高い位置からシリコン流し込んで固まれば型は完成!

固まったら紙コップを切りながら外します
原形を固定するときに底にマジックで切り込みラインを入れてあるので
どこを中心に切るかはわかりやすくなってます
カッターでそのラインに沿ってシリコンの半分より下くらいまで切る
無理やり開いて原形を取り出します
これで型の準備OK

キャストを入れる前に剥離剤など使いますが
先生に習ったのはシッカロール
筆でシリコンにシッカロールをぬってはたく
これですんなり剥がれます
剥離剤だと塗装のときに洗わなきゃだめなので
シッカロールの方が安くて楽です
これはスカルピーのダボ作りのときにも使えます

さていよいよ複製

紙コップを3つ用意
※型は2個作りました
ちゃんとAとBって書いた方がいいです
電子秤で同じgのA剤とB剤を計測し

2人つを合わせたら素早く混ぜます
急ぎつつもしっかり混ぜます

透明なうちは固まることが無いのであわてなくてもいいけど
素早くやるに越したことはないので急ぎます

シリコン型はテープでしっかり固定してます
ギリギリまで入れて気泡が無いのを確認して
透明のプラ版を底になる部分に当てます
プラ版は後でペリッと取れるよと言われたんだけど
化学反応起こしてペリッとは取れなかったw
そこだけねと~っと取れましたw
どうせヤスリかけるからなんとなく平ならいいです

キャストは混ぜた瞬間から化学反応起こして
かなり熱くなりますので気をつけてね
あと手に着くと本当に取れません
3分もすると白くなって固まります
熱が取れるまで少し待って完全に固まってから外します
混ぜた紙コップのキャストを触って固まり具合見ればいいです
紙コップは余りのキャストで満杯になるまで使えます
固まればもう化学反応しませんので


バリとか底のガタガタのところをカッターやヤスリで綺麗にします
小さいのでヤスリを持つ右手より
フィギュアを持つ左手のゆびが攣りそうになるw
綺麗になりました


原形作るときのコツですが
頭の丸いやつの接地点とか
足の部分の隙間などはなるべく滑らかに埋めます
そうしないと隙間にシリコンが入り込んで
ガッツリ噛んで原形が外れなくなりますよ
そこのエッジを出したかったら別パーツにするのかな
今度先生に言わ聞いてみよう
隙間を埋めるときは一度スカルピーを焼いてから
ペトロールシンナーで柔らかくしたスカルピーで埋めます

この後の作業としては
サーフェイサー吹いて塗装ですね
サーフェイサーは乾くのに時間がかかるので
次回までに終わらせておかないとダメです
イベントの2日前に教室があるので
それまでに20体のヤスリとサーフェイサー済ませないと!
まだ塗装は習ってないからー!

大好きなゲームのキャラクターなので
絶対に可愛く作るんだー!
プロフィール

キメンコ

Author:キメンコ
独身アラサー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
momenko774をフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。