スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズ好き

気温が下がってきて、
シフォンが美味しく焼ける季節になってまいりました!

今年はシフォンのモチベーション下がるんじゃないかと思ってたんだけど、
色々な人からリクエスト受けるので、
去年に引き続き焼きますよ。

チーズシフォンのレシピがかなりいい感じになったので、
レシピ晒しまーす。

17cmの型
クリームチーズ 100g
ヨーグルト 60g
牛乳 50g
レモン汁 1個分

小麦粉 80g
たまご 4個
きび砂糖 70g

ヨーグルトと牛乳の分量で出来上がりが変わってきます。
ちなみにこのレシピでのヨーグルトは
ギリシャヨーグルトっていう超濃厚なやつ。
普通のヨーグルトの場合は牛乳を減らした方がいいかも。

手順1
卵の卵白をステンレスのボールに入れて冷凍庫にイン!
この時水滴や油分は入らないように!!
割れちゃった卵黄もだめよ!

手順2
クリームチーズ、ヨーグルト、牛乳を合わせてレンジでかるーくチン。
クリームチーズのダマがなくなるまで、よく混ぜ合わせる。
最後にレモン汁投入!

手順3
卵黄とチーズを混ぜ合わせる。
卵黄は立てません。適当に混ぜるだけ。
小麦粉をふるって入れて、ダマがなくなるまで混ぜる。

手順4
卵白を冷凍庫から取り出す。
周りが少し凍ってる状態でOK。
このタイミングでオーブンを170度で余熱開始。
メレンゲを作る。
砂糖を入れるタイミングは適当w。
一度に入れても分けて入れてもあまり結果変わりませんw
ツヤが出て、ボウルを逆さまにしても落ちないのが目安。


手順5
卵黄生地にメレンゲの3分の1を入れて、
泡立て器でよく混ぜる。
メレンゲがつぶれるの気にせず混ぜる。
ゴムベラに持ち変えて、残りのメレンゲを2回に分けて混ぜる。

赤い矢印がヘラの動き
ヘラで1回切るように混ぜたら、
ボウルを緑の矢印のように回転させる。
この繰り返しで混ぜる。
生地にツヤが出るまでしつこく混ぜる。
ここで混ぜが足りないと、焼き上がりに空洞ができる。

手順6
シフォンの型に生地を入れる。
このときなるべく高い位置から生地を落とす。
空気が入って空洞が出来るのを予防できます。
竹串でギザギザグルグルして、サイドをトントン叩いて空気を抜く。
170度のオーブンで35分焼きます。

手順7
シフォンが膨らんで上が焦げてきそうだったら、
アルミホイルを上にかける。
オーブンを開ける時間は最小限に!
竹串刺して生っぽいのがついてこなかったらOK!
取り出して一度ドンっと落として、
逆さにして冷ます。
完全に冷めてからシフォンナイフで型から外す。
完成!!

フワフワすぎてカットが難しいです。
ナイフで切る時はノコギリのように切る。
シフォンの型じゃなくて、ハーフサイズのパウンドケーキの紙型で焼いたら、
焼き上がり後半分に縮んだw
シフォンではないけど、フワフワのチーズケーキみたいになったよ。

10センチの型で焼くとプレゼントに最適


準備始めてからオーブンに入れるまで20分くらいでできちゃう。
油を使わないので、洗い物もラクラク。

気をつける事はメレンゲをしっかり立てること。
卵黄生地とメレンゲをしっかり混ぜること。でも手早く。
空洞ができちゃう人はここがいい加減だったりする。
メレンゲを建てる時のコツは、
ハンドミキサーの強度を強くし過ぎない事。
最後は低速でじっくり立ててね。

しっとりフワフワのレモンの効いたサッパリチーズシフォンご賞味あれ!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

キメンコ

Author:キメンコ
独身アラサー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
momenko774をフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。