スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原形→複製

まずはスカルピーで原形作り
簡単なキャラクターなので芯も何もいりません
もともとアバウトなタッチのキャラなので
ヤスリがけなどあまりせず、指で慣らした程度にしました

写真が無いのでイマイチわかりにくいですが、
紙コップを底から1センチくらいの高さでカット
原形をアロンアルファで固定
シリコンを筆で気泡ができないように丁寧に
薄~く塗り込む
この作業の為に紙コップをカットしてます
気泡が無いのを確認してカットした紙コップを
もう一つ用意した紙コップに入れて合体!
後は高い位置からシリコン流し込んで固まれば型は完成!

固まったら紙コップを切りながら外します
原形を固定するときに底にマジックで切り込みラインを入れてあるので
どこを中心に切るかはわかりやすくなってます
カッターでそのラインに沿ってシリコンの半分より下くらいまで切る
無理やり開いて原形を取り出します
これで型の準備OK

キャストを入れる前に剥離剤など使いますが
先生に習ったのはシッカロール
筆でシリコンにシッカロールをぬってはたく
これですんなり剥がれます
剥離剤だと塗装のときに洗わなきゃだめなので
シッカロールの方が安くて楽です
これはスカルピーのダボ作りのときにも使えます

さていよいよ複製

紙コップを3つ用意
※型は2個作りました
ちゃんとAとBって書いた方がいいです
電子秤で同じgのA剤とB剤を計測し

2人つを合わせたら素早く混ぜます
急ぎつつもしっかり混ぜます

透明なうちは固まることが無いのであわてなくてもいいけど
素早くやるに越したことはないので急ぎます

シリコン型はテープでしっかり固定してます
ギリギリまで入れて気泡が無いのを確認して
透明のプラ版を底になる部分に当てます
プラ版は後でペリッと取れるよと言われたんだけど
化学反応起こしてペリッとは取れなかったw
そこだけねと~っと取れましたw
どうせヤスリかけるからなんとなく平ならいいです

キャストは混ぜた瞬間から化学反応起こして
かなり熱くなりますので気をつけてね
あと手に着くと本当に取れません
3分もすると白くなって固まります
熱が取れるまで少し待って完全に固まってから外します
混ぜた紙コップのキャストを触って固まり具合見ればいいです
紙コップは余りのキャストで満杯になるまで使えます
固まればもう化学反応しませんので


バリとか底のガタガタのところをカッターやヤスリで綺麗にします
小さいのでヤスリを持つ右手より
フィギュアを持つ左手のゆびが攣りそうになるw
綺麗になりました


原形作るときのコツですが
頭の丸いやつの接地点とか
足の部分の隙間などはなるべく滑らかに埋めます
そうしないと隙間にシリコンが入り込んで
ガッツリ噛んで原形が外れなくなりますよ
そこのエッジを出したかったら別パーツにするのかな
今度先生に言わ聞いてみよう
隙間を埋めるときは一度スカルピーを焼いてから
ペトロールシンナーで柔らかくしたスカルピーで埋めます

この後の作業としては
サーフェイサー吹いて塗装ですね
サーフェイサーは乾くのに時間がかかるので
次回までに終わらせておかないとダメです
イベントの2日前に教室があるので
それまでに20体のヤスリとサーフェイサー済ませないと!
まだ塗装は習ってないからー!

大好きなゲームのキャラクターなので
絶対に可愛く作るんだー!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

キメンコ

Author:キメンコ
独身アラサー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
momenko774をフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。