スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイデジVQシリーズ

わたくし、トイデジが大好きでして、その中でも手軽なトイデジをご紹介。
VistaQuestシリーズ
3_4_01.jpg
VQ1015(赤)とVQ1015R2(青)
見た目同じですが少しだけ違う。
今手軽に手に入れることができるのはR2のほうかな。
価格は税別で4,800円ほど。
通販で買えるけど、実物みたい人は池袋パルコのプラザなどに売ってる。
色々なシリーズが出てるけど2個買う必要はない!!!
でも新シリーズ出るとポチっちゃうんだよねw

大きさはこのくらい。
3_4_02.jpg
端から見たらカメラに見えないので、撮影してるときに怪しい人に見られるので注意w

これでもちゃんとしたデジカメ。
動画も撮れる。音声は無し。
デジカメにあるべき液晶画面はありません。
だからシャッター押したら、PCに繋ぐまでどんな絵が撮れてるかわからない。
ファインダーもあるけど、ただの飾り。
どこにピントが合うのかも運任せw
シャッター押してから1秒から2秒待たないと全部ブレブレになるので注意。
電池は単4を1本。すぐに電池なくなるので入れっぱなしは駄目。1日もたない。

どんな風に写ってるのか?このワクワク感がたまらんのですよ。
まさにおもちゃデジカメ。
プロもアマも関係ない。テクニックなんて意味ない。
センスもいらない、カメラが勝手に味出してくれる。

では、このVQ1015R2とVQ1015の写りの違いを比較してみましょう。
厳密に言うと同じシリーズでも個体差があるのであまりあてにならないけど。
左が1015R2で右が1015
3_4_VQ01.jpg

3_4_VQ02.jpg

3_4_VQ03.jpg

どれもリサイズ以外の加工なし。
撮ったそのまんま。
画像小さくてよくわからないってのは言いっこなしよ。
配布されてるファームを変えるとこれまた写りがガラッと変わる。

ちなみにR2にはシャッタースピードを変えるモードがついてて、
いままで室内など暗い所が苦手だったVQシリーズのなかでは暗所でもシャッターがおりる機種。

エントリーというシリーズがあってそれはかなりビビットな映りになるので人気がある。
入荷されたときにいつも買うか迷うけど、3個もいらないので踏みとどまってる。
見た目まったく同じなんだもんw
ちなみに中身はVQ1005のニコデジという名の同じ見た目のトイデジも手元にある。

今日のベストショット
3_4_03.jpg
加工してあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

キメンコ

Author:キメンコ
独身アラサー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
momenko774をフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。